化粧水はなんのためにあるのでしょうか?

保湿などの効果は僅かけれども、薄々みずみずしくなったような、良い意思分になるから用いるようなものです。極論をいうと、スキンケアにおいて、化粧水は塗り付けなくて良しとも当てはまるくらいだ。ただし、最近ではビタミンC誘導体を含んだ化粧水などが出ています。ビタミンC率先
体は、クリームなどよりも水に配合したほうがリライアビリティの良い成分なので、化粧水に制作して扱うのが規則正しいといえます。こんな有益成分を取り込む化粧水を扱うのは、意昧のあることだ。
化粧水を選ぶときは、ビタミンC誘導体(もしくはほかの水溶性の美貌肌成分)を含み、ほかの成分は何かと含まない、シンプルなものにしましょう。

スキンケアは手で行なうのが一番です

化粧水をつけるときは、手でつけていますか? それともコットンを使っていますか?

コットンは、いかに上質のものを使っても、繊維の刺激で肌にちっちゃなけがができ易いものです。角質範疇が傷つけば、そこから肌のうるおい成分が流れ出し、外界からの刺激は中に入ってきてしまう。そして、肌はドライし、肌退化を導く原因となります。
普段のスキンケアで、コットンを扱う責任はありません。化粧水でも美貌液、乳液でも、手でつければ充分だ。手で塗るとムラになるとか、しかたがコスメティックスの栄養分を吸って仕舞うというのは作り話だ。仮に、しかたにとった化粧水などが外見にのせる前にしかたに吸いとられて仕舞うのなら、手ですくった水も手の中に吸いとられて仕舞うはずです。しかし、水をすくうことができるのですから、しかたに化粧水などをとって肌にのせることに、まったく問題はありません。

化粧水だけでなく、美貌液、乳液、クリームは、しかたにとった残り、肌を握るようにしながら、手の内や指の胃腸でつけていきます。肌を引き締めようとしてパシパシと叩くヒトがいますが、叩く刺激は赤ら顔やしみの原因になります。血行をよくしたいのであれば手立て押しをとり入れましょう!

http://www.duoenecho.org/